RBリスクベネフィット北関東支部

24時間・年中無休対応
0120-337-867

施工事例

トップページ>施工事例>【悲痛な孤独死!】分譲マンション…売却に向けての孤独死清掃

【悲痛な孤独死!】分譲マンション…売却に向けての孤独死清掃

必要な物・不要な物、お客様への確認は怠りません。
廊下にも荷物はあります。
このように養生をし近隣対策いたします。
床を剥ぎ特殊コーティングを施しました。
壁紙を剥がす際など洗面台も外します。
全てを終えるとピカピカです。

今回は分譲マンションでの孤独死清掃案件です。
施主様は遺留品から遺産の確保、不要な遺品の処分、車の売却、マンション売却まで、すべてを御願いしたいとの事でありました。
そこで、売却に向けた完全消臭(査定額をUPさせる)をご提案させていただきました。

第1段階として、まずは特殊清掃作業です。
最初にオゾン燻蒸作業と合わせて消毒剤【RB散水】の散布を施します。
消毒作業で安全確保の後、いよいよ孤独死現場清掃作業です。

今回の染箇所はリビングです。
リビングはカーペット直貼りだった為、カーペットを剥がし、体液除去剤の【タロウ】を使用して洗浄後特殊コーティングを施し、第1段階完了です。

第2段階としては遺品の整理になります。
なぜ遺品整理が必要かと言いますと、家財にも臭いがしみ込んでいるため、消臭に向けて撤去が必要となるのです。
運び出しの際も、分譲マンションの6階ということで養生を徹底し、近隣トラブルを未然に防ぐことが重要です。

この辺の配慮ができるか? できないか? 孤独死清掃業者の力量の差が大きくでます!

さて、特殊清掃につきものな遺品整理では市区町村の分別方法に準じた作業をさせて頂きます。
遺品整理の方法は業者によって差があり、違法やグレーな処理の業者も散見されます。
悩ましいことに正攻法がもっとも時間と手間がかかりますが、その手間があるからこそ、遺族の方に一つでも多くの遺品をお渡しできるのです。

第3段階として売却に向けての原状回復です。
手を掛けるところと、掛けない所を見極めます。
売却のPOINTとしては、臭気対策です。
臭いが落ちていないと当然かなりのマイナスになります。
壁、床は剥いで消臭し、そのままの状態で売却に回します。

当社は、「解体工事業者登録」を取得しており、
適法に解体作業を行うことができます。
多くの特殊清掃会社が認可を受けずに、壁紙をはがしたり、床を解体したりしていますので、ご注意願います。

このことから今回は壁、床を剥いで、消臭しました。消臭の際には消臭剤【ダンボ】とオゾン燻蒸を施しました。
この際にはショックトリートメント法ベイクアウト法の2つの技法で対応し完全消臭完了です。

最後に簡易清掃を施し、売却まで完了できました。
通常では買い手のつかない状態でもしっかりとした金額になりました。

  • 作業: 悩むなパック、遺品整理、原状回復
  • 人数: 11人
  • 日数: 3日
  • 参考費用: 944,830円(税込)